プロニクス総選挙2017!!

こんにちは
プロニクスの森です


ここ1ヶ月。
【本社2Fの断面室前】に、おもむろに置かれているものがあります


こんな感じ
投票箱設置



同じものが
本社だけでなく、【製造工場のタイムカード前】にも設置され。。。



その正体はっ


これ
投票箱


『2018年カレンダーモデル総選挙』 です


社員全員(男女とも)が強制立候補!!
全従業員が3票づつもっていて

『プロニクスの顔!!』 を競い合います


本日が投票締め切り
来週には『2018年プロニクスの顔(*´ω`)』が決定し、写真撮影会が開催されます
いざっ決戦

ドイツ・コントロール展2017視察~ついでにパリも~

こんにちは
プロニクスの森です

測定部有志4人(森、藤井、山田ま、蒲田)+社長で行ってまいりました
ドイツ・CONTROLメッセ

その模様を全5回に分けてブログでご紹介しましたが


(前回までのブログ)
ドイツ・コントロール展2017視察~その1~
ドイツ・コントロール展2017視察~その2~
ドイツ・コントロール展2017視察~その3~
ドイツ・コントロール展2017視察~その4~
ドイツ・コントロール展2017視察~その5~
ドイツ・コントロール展2017視察~ついでに観光~





『8日からフランクフルトなんだから
どうせならGWから飛んで、遊びまくろう

ということで、実は5月4日から飛んでました

顧問の門からは
『日帰りでパリまで遊びにいけばいいじゃん
との、ナイスアドバイス

森、藤井、山田ま、蒲田4人で、初パリを堪能 してまいりました



ところが、パリまでの道が長かった

【2017年5月4日(木)】
10:00 一路、ルフトハンザでフランフルトへ


15:00 フランフルト着
警報が発令され、駐機場に近づけず
機内で2時間待たされる
パリへのトランジット便の動向が気になりつつ、機内で爆睡


17:00 ようやく駐機場へ
現地係員にフライト状況を聞くと
「そのフライトは悪天候でキャンセルされています」とのこと


17:20 ルフトハンザのカウンターへ
フライトチェンジの手続きをしに、カウンターへ
1組1組が揉めているので、めっちゃ待たされる

18:00 翌日7:50のフライトをGET
仕方がないので
予約していたパリのホテルに「翌朝着になる」と連絡し
ルフトハンザが用意した安ホテルへ移動

預けたスーツケースはパリに行ってしまうので
機内持ち込み荷物だけで一晩を過ごすことに
・・・悲惨。
歯ブラシが。。。
化粧水が。。。
下着が。。。。


18:30 ホテル行きのシャトルバス乗り場、戦場と化す
空港がクローズドになる勢いの悪天候だったため
路頭に迷ったツーリストでバス乗り場は殺気立っていた


21:00 風呂にも入らず、さっさと寝る
この時点で、起床後24時間以上経ち、気を失うように寝る



【2017年5月5日(金)】
7:50 一路、パリへ

10:00 ホテルチェックイン
シャルルドゴール空港前のホテルにチェックインし
とりあえず、シャワーを浴び、長旅の垢を落とす


11:00 いざ、花の都・パリ
ようやく、辿り着き
全力で浮かれる


やってきました凱旋門
凱旋門の森


エッフェル塔ポーズ

エッフェルの森


シャンゼリゼ通りのスーパーで
お土産物色
シャンゼリゼで買い物


ルーブルへ向かう途中の公園で
クレープタイム
パリでクレープ


ルーブル前でまどろむ

ルーブルの森


まさかの「中に入らなくても、建物外観だけでいい」などと血迷う
藤井、蒲田、山田を説得し、館内へ
ルーブル美術館内

この後3人とも、「やっぱ入って良かった」を連発
そらそうやろ。(笑)


夕闇のノートルダム大聖堂

夕闇のノートルダム大聖堂

パリの夜は長かった。
この時点で22:00

夜のパリ


23:00 ホテルに戻って爆睡

【2017年5月6日(土)】
5:30 起床。
パリから一路、フランクフルトへ

1日で詰め込む限界まで、詰め込んだパリでした

ドイツ・コントロール展2017視察~ついでに観光編~

こんにちは
プロニクスの森です

測定部有志4人(森、藤井、山田ま、蒲田)+社長で行ってまいりました
ドイツ・CONTROLメッセ

その模様を全5回に分けてブログでご紹介しましたが


(前回までのブログ)
ドイツ・コントロール展2017視察~その1~
ドイツ・コントロール展2017視察~その2~
ドイツ・コントロール展2017視察~その3~
ドイツ・コントロール展2017視察~その4~
ドイツ・コントロール展2017視察~その5~


一部のPRONICSフリーク。
ブログを全文読破しておられる方なら、お気づきでしょうか
合間、合間に、妙な 空白の時間帯 があることを

何てことはない。
観光 を挟みまくっていただけです。(笑)


実際に、ガチで出張申請をだしたのは
5月8日(月)~11日(木)だけ
アポの状況などで
11日が空いたり、12日に訪問したりはありましたが。。。


【2017年5月11日(木)】
10:30 BMWの工場見学を断念したので、観光へ

11:00 ニンフェンブルク宮殿をチラ見
ルートヴィヒ2世が建城したノイシュバンシュタイン城に行く予定をしていたので
バイエルン候のヴィッテルスバッハ家の宮殿に寄る。

ニンフェンブルク宮殿と森

ニンフェンブルク宮殿の森


13:00 ノイシュバンシュタイン城が見えてきた
今回、「何をおいてもここだけは訪れる」と、
堅く心に決めていたこの地。
テンション上がって、お城女子と化す。

お城女子
城女と化す


シンデレラ城は舞浜にあるけれど・・・
やっぱり、お城はフュッセンにあるべきだ


フュッセンの町とノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城



15:25 ノイシュバンシュタイン城内見学ツアー
WEB申し込みで、1時間の場内見学ツアー。
当日券は数時間待ちだそうですが、WEB申し込みならスムーズ。
城内見学ツアー


17:30 フュッセン湖畔のロッジにチェックイン
湖越しにノイシュバンシュタイン城が望めるロッジに宿泊。
湖畔のレストランは、この旅で一番の美味しさ



【2017年5月12日(金)】
10:00 有名らしいどこかの教会を見学
観光スポットが多すぎて
この辺りから自分がどこにいるのか分からなくなり始める。

有名らしいどこかの教会

どこかの教会




13:00 ネルトリンゲンで昼食
城壁で守られていることで、物流の拠点になったらしい中世の経済都市。
オープンカフェで軽食をとる。

ネルトリンゲンの街並み

ネルトリンゲン


15:50~17:50 アーレンの視察企業を訪問


18:30 ローテンブルクをチラ見
ローテンブルク・オプ・デア・タウバーは自然公園らしい。
保存されている城壁の上を歩いたり
マルクト広場の市庁舎を車から一瞥。

夕焼けに染まるローテンブルク

ローテンブルクの夕焼け



ただでさえ、車酔いの激しい藤井は
お客様に振舞っていただいたシャンパンの影響もあり
この頃には、完全にグロッキー

この有様
藤井グロッキー

ローテンブルクの街並みを見て、酔いを醒ます

酔いを醒ます藤井


この後、また、車で3時間かけてフランクフルトへ
21:30 フランフルト着

ドイツ・コントロール展2017視察~その5~

こんにちは
プロニクスの森です

測定部有志4人(森、藤井、山田ま、蒲田)+社長で行ってまいりました
ドイツ・CONTROLメッセ

(前回までのブログ)
ドイツ・コントロール展2017視察~その1~
ドイツ・コントロール展2017視察~その2~
ドイツ・コントロール展2017視察~その3~
ドイツ・コントロール展2017視察~その4~



【2017年5月12日(金)】
15:50 Dakks認定事業社へ会社訪問
日本の計測機器メーカーが基準器を校正に出すような
かなりの精度で計測をされている企業。
会社にまで押しかけて、CMMの測定室を見学してきました

CMM(三次元測定機)も高スペック機をさらにカスタムして使用しておられた。
標準機の10倍精度。(すっげぇ~


CMM技術責任者の方が、誕生日プレゼント
同僚からもらったというCMMのミニチュアを見せてもらう。
一同テンションが上がる

CMMのミニチュア
CMMミニチュア



根掘り、葉掘り、いろいろと質問し
有意義な情報交換ができた

森からCMM技術責任者の方へ
「技術承継に苦労はないですか?
日本では大手企業、中小企業に関わらず
測定技術が継承されていない企業も多く、現状を憂いています」

と、お尋ねすると

「測定技術は特殊で理解されづらい分野。
だからこそ、私たちの強みとなり得る」

との回答。

計測の本場ドイツでも
測定がニッチ産業であることに非常に驚いたが、逆に自信にもなった。



測定室の見学後には、シャンパンまでご馳走になる

歓迎のシャンパン

歓迎のシャンパン



アテンド(男性)は
「やはり女性は得だ。こんな歓迎ありえない」と連発されていた。

いわく、“歓迎”を意図したドイツの文化らしい。
どこの馬の骨とも分からない日本からの来訪者を歓迎していただき感謝


誕プレといい
シャンパンといい
やはりヨーロッパは、シャレオツだ。


17:50 感謝を伝えつつ、所を辞す
一路、フランクフルトへ

少しとはいえ、飲めないお酒を3年ぶりに飲んだ蒲田が、めずらしく車でグロッキー
車酔いの激しい藤井は、いつも通りグロッキー



22:00 フランクフルト到着
ホテルチェックイン後
ドイツ最後の夜を中央駅前のレストランで
すっかり飲み馴染んだヴァイセンビールと共に過ごす。



【2017年5月13日(土)】
10:00 ホテルチェックアウト
電車で空港へ

13:20 ルフトハンザで大阪へ



【2017年5月14日(日)】
7:40 関西空港に到着

月曜日から馬車馬のように働く

ドイツ・コントロール展2017視察~その4~

こんにちは
プロニクスの森です

測定部有志4人(森、藤井、山田ま、蒲田)+社長で行ってまいりました
ドイツ・CONTROLメッセ

(前回までのブログ)
ドイツ・コントロール展2017視察~その1~
ドイツ・コントロール展2017視察~その2~
ドイツ・コントロール展2017視察~その3~



【2017年5月10日(水)】
15:00 メッセ会場をあとに
Dakks認定企業との面談やら
ブース視察やらで
短時間とはいえ、2日間めいいっぱい動いて体力も限界に近づいてきた時間帯
気力を振り絞って、また移動



15:40 Porsche Museum到着
ベンツ工場の駐車場には、ほとんどベンツが停まっていたが
ポルシェの駐車場には、3割くらいしかポルシェが停まっていなかった

やはり、王者はベンツなのかもしれない


ミュージアム前には車体展示

ミュージアム前


空高く、ポルシェがブッ刺されている

ポルシェオブジェ



16:15 Porsche工場見学
ベンツに続き、こちらでもFACTORYツアーを申し込む

ただ、見学できるラインが限定的で
昨日、ベンツ工場を見学(詳細はブログ【その2】で)したばかりの身には
いささか物足りない

フォークリフトはポルシェ専用ブランドで作って、構内で何台も走行していた。

ラインの横で普通に飲食している。供給パーツの並びに、まさかの自販機
余裕という以上に、ユルユルで緩過ぎるライン。(笑)



18:30 ミュンヘンへ移動開始
強行軍だが、明日の 朝一でBMW の見学を入れたので
なんとしてもミュンヘンに行かねばならぬ。
3時間かかって、ホテルへ着く

しかも、残念なことにエレベーターがないホテル
(今回、エレベーターが無かったり
微妙に階段を荷物もって上がらないといけないホテルが多かったんですよ~。)



【2017年5月11日(木)】
8:30 BMW Museum到着
申込み時は何も言われなかったのに、受付をしようとすると
「工場見学はドイツ語でコミュニケーションが可能な方のみです」
とのこと。

え~~~~

アテンドにだいぶ粘ってもらったが
「規則なので曲げられない」そう。
そうなら、申込みサイトに記載すればいいのに・・・

Museum見学のみとなる。残念。

エンジンにタブレットをかざすと透けて見れる展示

BMW展示


ミュージアムショップでは、MINIの子供用自転車が売っていた
買いそうになったが、高額なので踏みとどまる

MINI自転車



10:30 観光ツアー開始
見学予定がダメになった。
仕方が無いので、観光に切り替える。

俄然、元気がでる。現金なものだ。
プロフィール

PRONICS‐BLOG

Author:PRONICS‐BLOG
プロニクス 検査測定部は
女性ばかり50名、寸法測定の受託専門会社です。

寸法測定受託専門企業
プロニクス株式会社

寸法測定計測のご依頼
お待ちしております♪

URLhttp://www.pronics.net
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR