FC2ブログ

通常通り、生産稼動しております。

こんにちは。
プロニクスの森です。


6月18日の 大阪北部地震
また、それに続く 大雨災害

多くの方がお亡くなりになり
今なお、甚大な被害が出続けております。

お取引先様におかれましても
従業員、またその家族の被災状況や、設備の破損・水没など
伝え聞く限りでも、心が締め付けられる思いです。
心より、お見舞い申し上げます。


当社プロニクスが所在する京都府宇治市も被災地域であるため
多くの関係者様より、安否のご確認をいただいております。
通常通り、生産復帰 しております。以下、状況をご報告申し上げます。


宇治市でも6月18日に 震度4 を観測しましたので
当社社屋には一部の破損などがありましたが、従業員、またその家族には怪我人はでておりません。

破損はこの程度のものが数十箇所です。
↓↓
本社内壁破損


工場内壁破損


設備も大きく動き、自動停止等になりましたが
18日当日中に、動作確認、精度確認を行い、生産能力を復帰させております。
成形機のズレ跡
↓↓
成形機ズレ



その後に続く 大雨 では
京都にも特別警報が発令されたものの
近年続けられてきた 宇治川護岸工事 のお蔭でしょうか
宇治川やその支流が決壊することはなく、地域が浸水するような事態は免れました。


ただ、当社の場合
23日の地震で破損した社屋を修繕する前に、今回の大雨となったため
傷ついたコーキング、シーリングがゲリラ豪雨に耐えられず、幾分、浸水はいたしました。
↓↓
雨漏り

床雨漏り


4箇所浸水 いたしましたが、 いずれも生産現場外 のため
生産能力に影響はでておりません。



宇治市では、ここ数年
宇治川護岸工事 が進められてまいりました。

2012年の台風被害 の際に、宇治川が氾濫寸前まで水位があがり
支流の中には、実際に決壊した川がありました。
目川 です。

当社の横30mの位置を流れる目川の決壊で、2012年には当社製造工場も水没しました。
最悪の状況に「もし、宇治川が決壊したら?」と
従業員の安全確保に必死で頭を悩ませていたことが、昨日のことのようです。



宇治川護岸工事 は、観光地の宇治市としては大きな決断でありました。
自然環境を人工物に変え
風光明媚な宇治橋周辺の観光地を毀損するとの批判もありました。

それでも、今回の大雨災害のなかで
宇治川、目川の水位が安定していた事実を思うと
安全が保たれたことに、護岸工事は英断であったと思わずにはおれません。

本年もよろしくお願いいたします。

こんにちは
プロニクスの森です


新年も明けて10日が過ぎました
プロニクス社内も、すっかり日常です

そんな時に、懇意にしているある業界誌の記者さんから
『技術承継の記事を書いている、写真素材を提供して
との依頼がきました。


そこで、森がカメラマンとなり
金型課 をパシャパシャ撮影していたのですが

以外に良い写真が撮影できたので
何枚かアップします


妙にリラックスした金型修正会議

リラックス修正会議


真剣に話し合っている時も

修正会議


加工者が設計者にクレーム中

加工チーム


放電の打ち合わせ中

放電チーム


1年目の新人は、The 真剣

若手の努力


やぁ、何か良い写真ですね
プロニクスって
やっぱり、女性が多いな
 っていうのを再確認する写真群でした


ちなみに、写っているのは全員が金型課のメンバーです
今年も
女のものづくりを全面にだして、頑張ります

JICA視察団がタイPRONICSをご訪問!!

こんにちは
プロニクスの森です


「JICAボランティア事業理解促進調査団」 の方々が
バンコクにある当社の タイ工場 を訪問されました

JICA『民間連携ボランティ制度』を利用して
赴任した当社の岡本に取材に来てくださいました

会社の前で集合写真

JICA視察団2017


タイ工場内の見学

JICAタイ工場視察1

岡本がアテンドさせていただきました

JICAタイ工場視察2


今回の視察内容は、記事になるそうです
掲載が決まりましたら、またアナウンスさせていただきます
プロフィール

PRONICS‐BLOG

Author:PRONICS‐BLOG
プロニクス 検査測定部は
女性ばかり40名、寸法測定の受託専門会社です。

寸法測定受託専門企業
プロニクス株式会社

寸法測定計測のご依頼
お待ちしております♪

URLhttp://www.pronics.net
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR