測定者たちの製図アイドル!?

こんにちは
プロニクスの森です


皆さん
『図面ってどない描くねん』 って本ご存知ですか

コレ
図面ってどない描くねん


『製図』
つまり、図面のルールについて分かりやすく解説した本です


本当にわかりやすい本で
図面を使って測定するプロニクス検査測定部では
まさに、バイブル


この著者である 山田学先生 は
業界では有名な方です


昨年、この山田先生を社内にお招きして
検査測定部の研修会を開催しました

山田先生をお招きすることが決まった時に
たまたま、近くにいた社員へ、その旨を話すと

森「○月○日の研修会、山田先生来てくれるって」

蒲田「えっ山田先生って、あの山田学先生スゴーイ

安井「うそーホンマに来てくれはるんや


と、まさに
アイドルばりのリアクション(笑)
日本広しといえども
製図の専門家にこれだけ萌える女性陣も珍しいのでは(笑)


今年2018年はプロニクスが30期に突入するので
11月1日(木)にプロニクス主催で
『測定技術フォーラム』 を開催します


山田学先生にもブッキング済です
加えて
日本の幾何標準、つまり寸法に関するJISを作っておられる
産業総合研究所の偉い先生にもブッキング済です

5月中旬にはアナウンス開始しますので
皆さま、乞うご期待

ブロックゲージさん、28年ありがとう!!

こんにちは
プロニクスの森です

最近、測定部で
固定用に使うブロックゲージ を購入しました


おニューのブロックゲージ

新しいBG


2級グレードの103個セットを2つ買いました

ビニールから出してすぐの時は
「やばい。もったいな過ぎて固定なんかに使えへん。」
「光ってて、威圧感ハンパない。」


などなど、測定者たち気が引けておりましたが
一週間も経てば普通に使っています。

うちの若いのに、新品BGの感想 を聞くと
「始業前点検がやり易くなりました。
と、喜んでいました。


固定での使用とともに
測定顕微鏡の始業前点検でも、2級BGを使っているのですが
今までのBGは28年も使用していたので、エッジの端の方がダレていました。

これは、長年使用している間に、ぶつけたりすることで細かなカエリが発生するため
セラミック砥石などでカエリを取ってメンテナンスし、寸法を維持することで
測定サンプルの固定(高さ調整)に使い続けられるのですが
四半世紀経てば自然、エッジの端がダレてくる。

エッジがダレたBGを、顕微鏡で基準だしするのは少しコツがいるのです。
新しくなったことで、基準だしにコツがいらなくなったので
「始業前点検がやり易くなった」のでしょうね

新しいBGさんたちも、大活躍してくれることを期待します

初めての展示ブース

こんにちは
プロニクスの森です


測定部では、あまり新規営業をしないのです
受託寸法測定って、ニッチ な商売なので、サイト検索をされたお客様が自ら
プロニクスのサイトに リーチしてくださり、新規顧客になっていただける。

その数なんと、年間100社超
何とも有難い話です


とはいえ
ここ数年サービスを開始した『計測分野の3Dデータサービス』では
まだまだ認知度が低く、お客様にリーチし切れていない感があるので

(モデリングサービスとか、スキャニングデータ測定とか、3Dカラーマップとか・・・)

今年は珍しく、めっちゃ展示会に出展しています


それで、この秋からも続々と出展予定があるので
今回、初めて 設営ブース なるものを製作してみました

社内では吊れるスペースが無いので見づらいですが
こんな感じ
バナー1


さらに、こんなん
バナー2


高さ2.7mのバナーを3連結にして
壁一面に張り出します


吉川が測定顕微鏡に座っている写真を使用しているので
小柄な吉川が、実物の30倍くらいのサイズで、
顔がバナーに印刷されています。(笑)


BIG吉川は、来週の測定計測展でお披露目でございます

9/13~15測定計測展
公式サイトhttp://www.mt-expo.jp/
プロフィール

PRONICS‐BLOG

Author:PRONICS‐BLOG
プロニクス 検査測定部は
女性ばかり40名、寸法測定の受託専門会社です。

寸法測定受託専門企業
プロニクス株式会社

寸法測定計測のご依頼
お待ちしております♪

URLhttp://www.pronics.net
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR